肌フローラ検査MENU ▼
美肌菌を治療するには

育菌2種類と補菌により美肌菌を増加させることができます。
育菌はスキンケア改善指導に含まれるため、別途の治療契約なく改善することが可能です。(併せて角質改善治療の併用が必要な場合もあります)
美肌菌が極端に少なくなってしまうと菌の治療は難しくなるため、自分の菌量とスキンケア習慣の関係をできるだけ早くに検査し見直すことがなによりも重要です。

自分の菌を育てて増やす=育菌
  • 菌を減らさない
    スキンケアを見直し菌を減らさないようにします(成分、習慣)。菌は自己増殖をするので時間と共に増加します。また、代謝を正常化します。
  • 菌に栄養素を与える
    美肌菌はグルコオリゴ糖など特定の栄養素を 与えると増えやすい事が分かっています。
菌を補う=補菌
  • 菌を増やしてまた戻す
    自分の美肌菌を採取、外部培養して再度肌に戻します。菌は仲間が多いと増えやすい傾向があり菌その物をつけると増えます。
角質の正常化が重要

キメのある肌には美肌菌は住みやすい
美肌菌育菌とキメを取り戻す治療を同時に行う事が重要

キメのある肌には美肌菌は住みやすい
美肌菌育菌とキメを取り戻す治療を同時に行う事が重要

角質は菌の住む家になります。家がぼろぼろだとそこに多くの人は住めません。
菌を増やすには、家、食べ物(皮脂やグルコオリゴ糖)、環境(PH)が重要です。
どれがかけても治療効果は限定的になります。
この角質層の改善(家の補修)には、ターンオーバーの改善療法が一般的な選択肢になります。保険治療、自由診療など方法も様々です。
治療の種類は肌質や菌量・バランスによっても異なりますので医師に相談の上治療を検討してみてください。

肌フローラ検査を受診できる医療機関はこちら美肌菌ドックを受診できる医療機関はこちら




Copyright © クリニカルパス All rights reserved